ホーム

風力発電のレンタルサーバーgreenwebs

グリーン電力証書の仕組み

注:2011年3月よりgreenwebsではアメリカにある風力発電を利用したサーバを利用おり、同様の仕組み(リニューアブルエネルギー証明)で風力発電を利用しています。

グリーン電力とは?

「グリーン電力」とは、風力、太陽、バイオマス、地熱、水力などの自然エネルギーによって発電された電力のことです。自然エネルギーは発電するときに CO2(二酸化炭素)を排出しないエネルギーであり、原子力や火力(石炭・石油)による電力にはない優れた価値を持っているといえます。
私たちは、グリーン電力を支持し利用したいと願っていても自前で発電システムを構築する以外に電気を選択することはできません。
グリーン電力の選択を可能にし、グリーン電力を広めていくために誕生したのが「グリーン電力証書システム」です。

グリーン電力証書システムとは?

「グリーン電力証書システム」とは、自然エネルギーにより発電された電気の環境付加価値を、証書発行事業者が第三者機関(グリーンエネルギー認証センター)の認証を得て発行し、「グリーン電力証書」という形で取引する仕組みです。

グリーン電力証書の仕組み

まず、自然エネルギーによる電気は、「電気そのものの価値」の他に、化石燃料の節減やCO2排出抑制といった「環境付加価値」を持った電力と言えます。

この「環境付加価値」を電力と切り離して、利用する電気量分「グリーン電力証書」として購入し、通常利用している電気と組み合わせることで、自然エネルギーによって発電された「グリーン電力」を使用しているとみなすことができます。

ホーム

ページの上部に戻る